遺言とは

遺言(いごん/ゆいごん)とは、人が生前に自分の意思を書面(遺言書)に残し、死後にその意思を実現させる制度です。

遺言は、遺言者が亡くなった後に効力が生じるため、遺言書の内容について遺言者に尋ねることができません。そのため、法律は、遺言者の真意を確保して紛争を予防するために、遺言書を作成する際に守るべき方式を厳格に定めています。

法律の方式に従っていない遺言書は、無効とされてしまうため、遺言書を作成する際には、出来る限り専門家のサポートを仰いだ方が良いでしょう。

▲このページのトップに戻る