どの方式を選ぶべきか

普通方式の遺言のうち、実際に利用されているものの多くは、自筆証書遺言公正証書遺言です。

どちらの方式があなたのニーズに合うか、以下でそれぞれのメリット・デメリットを比較して検討してみましょう。

自筆証書遺言のメリット・デメリット

自筆証書遺言のメリットは、自分一人で作成でき、費用がほとんどかからないことです。

また、遺言書の内容や存在について、他人に秘密にすることができます。

他方、大きなデメリットとして、作成方法が法律で厳格に定められているため、方式の不備で無効になるおそれがあります。

また、記載内容が不明確な場合などには、解釈を巡って争いになり、遺言どおりの内容が実現されないこともあります。

さらに、遺言書の存在を秘密にしていた結果、遺言書が発見されないおそれもあります。

場合によっては、遺言者本人が作成したのか、遺言書の作成時に遺言者に遺言をする能力があったのかといった点で、相続人間で争いが生じ、裁判になるケースも多く見られます。

公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言では、自筆証書遺言とは違って、公証人への依頼などの手間がかかり、公証人に支払う作成手数料が必要となります。

しかし、公正証書遺言は、専門家である公証人が遺言書を作成するため、方式の不備で無効となったり、内容の解釈を巡って争いが生じることはほとんどありません。

また、公証人が遺言者に直接会って遺言能力があるかどうか確認するため、後日、相続人間で遺言能力等について争いが生じる可能性も低くなります。

作成された遺言書は、公証役場において保管されますので、紛失や改ざんのおそれもありません。

選ぶポイント

以上のメリット・デメリットを比較して、どちらの遺言書を作成するかを選ぶことになります。

簡便さを重視するなら自筆証書遺言、確実性を重視するなら公正証書遺言、ということになるでしょうか。

もっとも、弁護士に依頼すれば、遺言書の内容のチェックはもちろん、公証人との打合せなど大半の事務を代わりにしてもらえます。費用が許す限りは、公正証書遺言の方が望ましいと当事務所では考えます。

なお、自筆証書遺言を作成する場合でも、弁護士に依頼して方式などのチェックをしてもらうことも可能です。他人に秘密にしておきたい場合には、記載内容や方式だけ確認してもらうのも1つの弁護士の使い方です。

▲このページのトップに戻る