STEP1

相談日時のご予約

まずは、相談日時のご予約を取って頂くようお願い致します。

ご来所の際には、遺言書(ある場合)、家系図(簡単なもので結構です)、財産目録及び預貯金通帳・不動産登記簿謄本など相続財産が分かるものをお持ち頂くと、相談をスムーズに行うことができます。

STEP2

ご来所

ご予約頂いた日時に、当事務所までご来所下さい。近鉄生駒駅から徒歩1分、改札を出て南側に歩いて頂くとすぐに見える看板が目印です。

体が不自由でご来所が難しい方には、出張相談(有料)にも応じておりますので、ご予約時にご相談下さい。

STEP3

ご相談

当事務所にて、担当弁護士と面談して頂きます。面談時間は1時間の枠をお取りしますので、じっくりと話をして頂くことが可能です。

被相続人が亡くなられた時期、相続関係者・利害関係者について、相続財産の概要などについて伺った後、相談者様がお悩みの内容とご希望をお聞きして、法的観点からアドバイスをさせて頂きます。

STEP4

相続放棄、限定承認の検討

相続財産がマイナスの場合には、相続放棄をするか検討します。また、相続財産がマイナスかプラスか不明の場合には、限定承認をするかも検討します。相続財産を調査するために時間が足りない場合には、熟慮期間伸長の申立てを行います。

STEP5

相続人及び相続財産の調査

実際に相続人は誰なのか、戸籍関係書類を取り寄せて確定します。

また、不動産、預貯金、債券、債務、有価証券などについて調査し、相続財産を確定します。

STEP6

相続分の算定

相続財産の評価額を確定し、特別受益寄与分について算定した後、遺言がある場合には遺言の内容に応じて、遺言がない場合には相続分に応じて、相続財産を分割することになります。

また、生前贈与などによって遺留分が侵害されている場合には遺留分減殺請求を行います。

STEP7

遺産分割協議

上記調査の結果をもって、相続人間で遺産分割協議を行います。協議が整えば、その内容をまとめた遺産分割協議書を作成します。その後、遺産分割協議書に従って、預貯金などを分割し、不動産登記などを行います。

協議が整わない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てる等の方法を検討する必要があります。

▲このページのトップに戻る