ホームロイヤー契約とは

ホームロイヤーとは、特に高齢者の方の日常生活を支援するため、医者でいうところの「かかりつけ医(ホームドクター)」のように、身近な法律事務を取り扱う弁護士をいいます。個人の方専用の顧問弁護士と考えて頂ければ結構ですが、月額1万円と安価な弁護士費用で契約することが可能です。

遺言の作成などスポットの業務ではなく、トータル且つ継続的な支援を行うことで、高齢者の方の権利を守ることができます。

以下に具体的な内容を挙げますが、契約内容は個々に定めることが可能ですので、まずは担当弁護士にご相談下さい。

定期的な見守り

月に1回程度、依頼者様が当事務所に来所されるか、担当弁護士がご自宅を訪問して、依頼者様の健康や生活状況をチェックします。(スケジュールの都合上、電話連絡のみ行う月もあります。)

日常生活におけるトラブルを、依頼者様と面談し、或いはご自宅を訪問することで発見し予防します。

例)悪質な業者から品物を購入した場合に、クーリングオフを行う

  健康状態に不安がある場合に、主治医に連絡して診療や介護サービスに繋げる

生活上の悩み事の相談(法律相談を含む)

一般の方にとって、弁護士は未だに敷居の高いイメージがあるかもしれませんが、ホームロイヤーには、法律相談に限らず、日常生活での悩み事を相談して頂ければと思います。本人が大したことないと思っている内容が、実は大きなトラブルを含んでいる可能性もあります。

ホームロイヤーは、これらの相談事を真摯に聞き入れて、依頼者様の不安を取り除くように努めます。

ライフプランノートの作成

ホームロイヤーとして高齢者の方を支援するためには、各種メニュー(遺言、財産管理、死後事務、事業承継など)を検討するに当たり、様々な情報を確認する必要があります。

そこで、ホームロイヤーは、依頼者様個々人の情報について、毎月の面談を通じて聴き取りを行い、「ライフプランノート」にまとめさせて頂いております。

勿論、まだ信頼関係のできていないホームロイヤーに全ての情報をさらけ出すことはできないでしょうから、少しずつ一緒にノートを作って今後の生活を考えていきましょう。

▲このページのトップに戻る